マツエクTOP > まつげエクステコンテンツ一覧 > つけまつげとまつげエクステの違い
まつげエクステコンテンツ一覧

つけまつげとまつげエクステの違い

つけまつげまつげエクステは、まつげにボリュームを出すという点では役目としては殆ど変わりません。
まつげエクステはとても軽く、接着面が分からないほど自然な仕上がりになります。
付けていることを忘れてしまうぐらい自然です。
つけまつげは毎日取り外しが必要となってきますが、まつげエクステは付けてから約1ヶ月持続します。

◆つけまつげのメリット・デメリット

つけまつげは、100円均一ショップで手に入る物もあるくらい価格が安く始める事が可能で、しかもサロンに通う必要もなくとてもリーズナブルに開始できます。
また、つけまつげはドラッグストアやコンビニでも購入できるように簡単に入手する事が可能なのも魅力です。
ただし! つけまつげは、まつげエクステやマスカラに比べてどうしても自然さで負けてしまいます。また日々付けるたびにグルーを使用して外す必要があるため、地まつげへのダメージが蓄積されてしまいます。

◆マスカラのメリット・デメリット

ではマスカラはどうでしょうか?
マスカラは簡単に、かつ自然にボリュームをアップできますが、つけまつげと同様、地まつげへのダメージが蓄積されてしまいます。まつげエクステンションと比較した場合も、そのナチュラルさは同程度にはあるのですが、総合的に見た場合結果的にまつげエクステンションの方がダメージが少なかったという事も珍しくありません。

◆ではまつげエクステンションは…

では、まつげエクステはどうでしょうか?
まつげエクステはまつげに直接エクステンションするためにグルーを塗る必要がありますが、一度付けた物は基本的にはオフか、自然脱落するまでは放置となります。そのためオフ剤によるダメージが全くといって良いほど無いのと、仕上がりもとても自然です。
欠点といえば、サロンに行く必要があるため高価になりがちなところです。
基本的にまつげエクステは2〜3週間でケア(脱落したエクステの追加や残っているエクステの修繕)が必要ですので、美しさをキープする際には一番お金がかかってしまう可能性もあります。
しかしこのケア自体も上手に行えば日々のケア時間は短縮できますし、プロに任せる事で本当に効果的な自まつげのケアにも繋がってきます。結局はご自身の美に対する欲求とそれにどれだけの金銭や時間を費やせるか、という所に依ってしまいますが、マツエクの愛好者数が増加傾向にある点からも総合的に費用対効果の高さでいえば「まつげエクステ」であると考えています。

その他のまつげエクステコンテンツ
pagetop
最近ご覧いただいたサロン おすすめサロン
東京のオススメマツエクサロン
大阪のおすすめマツエクサロン
エリア別サロン検索 東京エリア
  • 渋谷
  • 青山,表参道,原宿
  • 新宿,下北沢,高田馬場
  • 恵比寿,代官山,中目黒
  • 池袋,目白
  • 品川,五反田,白金,目黒,田町,蒲田
  • 銀座,有楽町,新橋,丸の内,日本橋
  • 六本木,麻布十番,赤坂,赤坂見附
  • 上野,錦糸町,神田
  • 吉祥寺,中野,荻窪,阿佐ヶ谷
  • 自由が丘,三軒,茶屋,二子玉川
  • 立川,八王子,国立
  • 町田市
  • 調布,狛江
  • 足立区,板橋区
  • その他の東京エリア
神奈川エリア
  • 横浜市
  • 関内,元町,桜木町
  • 川崎市
  • 相模原市
  • その他の神奈川エリア
千葉エリア
  • 千葉エリア全域
埼玉エリア
  • 埼玉エリア全域
大阪エリア
  • 梅田,京橋,福島
  • 心斎橋,難波,天王寺
  • その他の大阪エリア
名古屋エリア
  • 名古屋エリア全域
福岡エリア
  • 福岡エリア全域
  • facebook
  • twitter
  • オフィシャルブログ
店舗登録 新規広告掲載はこちら 業界コラム まつげエクステの現状
Copyright(c) Foreign Partners Inc. ALL RIGHTS RESERVED